はじめに

こんにちは。ここはNyargoの中央競馬の予想ブログです。

表計算ソフトのエクセルの関数(平均値や偏差値などを計算するための式)を使って、馬の力を積算しています。

予想が当たろうが当たるまいが、全く責任は取りませんのであしからず。

(履歴)

【2013年12月】WindowsXPから8に移行するため、8では使えない仕様を避けるファイル(β版)を作成

【2014年03月】IE11では、「オフライン作業」が無いと判明。(ハイパーリンクを含むデータの貼り付けはオフライン)微修正。

なお、予想用エクセル関数については、【その他】ページにあるもの他に、旧WEBサイト内のエクセルで競馬でも保管しています。

2009年10月開始 エクセルで競馬 | 本家WEBサイト

2020年10月25日 (日)

2020/11/01 天皇賞(秋) 展望

◆予想と買い目

20201101k1

20201101k2

本線は当初の予定どおり◎アーモンドアイと▲クロノジェネシス

ただ、対抗の○の予定だったダノンキングリーのデータが良すぎるのと、これで買うと1-3-2番人気になるので、押さえまでにしました。

相手は、①ブラストワンピースにしてみました。

 

コース的には内枠有利と書かれている記事を見ますが、決して結果はそんなことは無く、16番より外は不利としても、真ん中より外側の枠で馬券になっている馬も多く、私は自由に動ける外枠有利と思っています。

その視点で見ると、ブラストワンピースは①番枠で不利と見えますが、この馬が①を引き当てたときに3勝しているので、そのゲンの良さに賭けてみます。

 

◆展望

20201101

秋天が来ると、今年も終わりが近づいてるなあと感じます。

秋天→JC→有馬と、晩秋から師走へ向けて一大レースが続きます。

近年は有力馬でも3レース全てに記念出走せず、しっかり仕上げられるレースを選択する傾向が見られます。

ただ、

年内のG1の中で、最も実績どおりの決着になる気がするレース、それが秋天と思っています。

 

さて、傾向ですが

4,5歳馬がとにかく活躍するレース。

大穴が来るなら差しタイプ。

それ以外は悪くても1桁人気での決着です。

実績馬は前走・近況を問いません。

意外とステップレースで連対した馬は惜しい4着

それよりもステップ連下とか休明とかが来ています。

 

今年は12頭が登録。

登録馬段階での顔ぶれを見ると、1点買いにしようかなという気になります。

今年の実績馬相当は2頭。

アーモンドアイとクロノジェネシス

共に牝馬、というのがどうかなと思いますが。

 

◎ アーモンドアイ

対抗 ダノンキングリー

▲ クロノジェネシス

それと

もし「4連単」という馬券が存在するなら…

△ ダイワギャクニー(4着)

 

2020年10月11日 (日)

2020/10/18 秋華賞 展望

◆結果

外しました

 

◆買い目

20201018k

⑦ムジカが思いのほか穴人気していて、単勝オッズ大したことないのですが、複勝は妙味無しで残念。

それと、

データ的には、⑩クラヴァシュドールの4着臭が濃いのですが、ミルコパワーで馬券内に突っ込んでくるのがコワイので、買い足しておこうかなと思っています。

20201018k2

⑬→②→⑦⑩のオッズは、土曜日午前の段階ではほとんど変わらない人気具合。

ムジカ過剰人気でしょう。

 

◆展望

20201018

もともと関西馬有利のレースです。

昨年2019年は、台風で東名が止まっていることもあって、関東馬を全部切ったら、カレンブーケドールが・・・。

 

さて今年は秋が来るのが早かったので、レース名にふさわしい気候で出来そうですね。

デアリングタクトの無敗の牝馬三冠応援レースの雰囲気です。

脚質的には差し(図中青色)に分類されるので、秋華賞向き。

たとえ1,2枠に入ってしまったとしても、これほどの記録が掛かっていればひどい包まれ方はされ無さそうですし、期待です。

 

レースの方は、原則人気サイド決着が多く、

連対は5人気までで、ヒモ荒れに期待。

ヒモには、ローズS組からの穴が飛び込みやすいようです。

ただし、今年のローズSは中京開催でした。

 

対抗②リアアメリア

穴 ⑪フィオリキアリ 

  ⑭オーマイダーリン

  ⑦ムジカ

 

 

2020年9月27日 (日)

2020/10/04 スプリンターズステークス 展望

◆結果

外しました…orz

 

◆予想と買い目

20201004k

偏差値データから

◎ ③ダノンスマッシュ

過去10年、3人気までの◎は頭で来ることが多いので、単穴で。

ただ、ダノンスマッシュ、今回は出目的には来ない番。

脚質的にも、近年は、中位で競馬する馬が勝っていますので、先行馬なのも。

 

ヒモ穴は6番枠までにはいった先行馬ということで

⑥ライトオンキュー

って思ったのに、流行穴人気していました。

⑦ミスターメロディ

も似たような穴人気かぁ。

なので、ここでは思い切って

穴 ①ダイメイプリンセス

2年前に好走しています。

7歳牝馬なのもあって不人気ですが、近況としては道悪以外ではそこそこ走ってますし。

一発あるならこのうまかも。

 

◆展望

20201004

 

・軸は、中位の実績古馬

 

・ヒモ穴は、内枠(1~6番枠)

 先行馬の粘り込みや好位3着拾い

 

枠順が重要な要素になっています。

同じ先行馬の穴馬でも、外枠だと4着まで。

 

 

«2020/09/27 人出が増え動線クロスが多くなるリスク(新型コロナ関係)

フォト
無料ブログはココログ