« 2020/06/28 宝塚記念 展望 | トップページ | 理科の先生に聞きました。次亜塩素酸ナトリウムと界面活性剤の一部が、なぜ効くの? »

2020年6月 8日 (月)

「アンデッドアンラック」を読む

※記事が増長になったので、日にちごとに仕分けて別ページにしました。

 

◆アンデッドアンラックについて

ブログの主題とは縁も所縁も無く検索エンジンのページウェイトが低そうな、この記事に辿り着いた貴方はきっと、アンデッドアンラックのファンなはずで、釈迦に説法なところもあるのですが・・・

でも一応このマンガのあらすじを書いておきます。

 

・否定者(チート)キャラが集まってクエストする話

・主人公2人アンデッドとアンラック

・アンデッドは事情があって死にたがり

・アンラックは巨乳JK(元)

 

メカデザインやモンスター(UMA)デザインに漂う、昭和感、月ジャン感がとてつもなく、決して今の週刊少年ジャンプで絵柄受けがいいとは言えないこと。

それと、科学的にちょっと納得できない部分も散見されます。(※)

でも、とにかく話のテンポやキャラの掛け合いが抜群に漫才チックで面白く、キッチュなファン層が獲得できる漫画。 

絵は、あとからうまくなればいいけど、話作りを後から面白くするのは難しい。

ぶっちゃけ、このマンガはネームでもきっと面白い。

 

※科学的じゃない

・デカイ隕石落下したら地球半分氷河期(第1巻54ページ)

・バイクはその載り方じゃ前に進まずロック(第1巻69ページ)

・その手りゅう弾安全装置付いたまま(第1巻166ページ)

・光が眩しい事とレーザー粒子が不変を突破するかは別(第2巻10ページ)

 

でも、いいのです。

このときの最も大切なテーマは、しわくちゃジーナさんが幸せな死を迎えることだったんですから。

 

【2021.01.10】神にとっての死とは

【2021.01.09】風子ちゃんムッツリは嫌い

【2020.12.06】ラグナロクを読む

【2020.12.05】第4巻発売に思う

【2020.11.30】私と貴方はまた出会う

【2020.10.27】戸塚先生の自虐ネタがさく裂

【2020.09.19】ループ型・リトライ型

【2020.09.08】幼少期はオオカミ(嘘つき)女って言われて虐められてたんだろうな、と同情

【2020.06.28】ビクターが「全部で10人か」というセリフの意義

【2020.06.15】曜日というものが存在する世界を、主人公アンデットの裏(または表)人格のビクター(ビクトール)は経験したことがある

【2020.06.10】星々の存在しない世界で、星を想像した風子エライ

【2020.06.08】徐々にその世界観が見えてきた「アンデッドアンラック」

« 2020/06/28 宝塚記念 展望 | トップページ | 理科の先生に聞きました。次亜塩素酸ナトリウムと界面活性剤の一部が、なぜ効くの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020/06/28 宝塚記念 展望 | トップページ | 理科の先生に聞きました。次亜塩素酸ナトリウムと界面活性剤の一部が、なぜ効くの? »

フォト
無料ブログはココログ